インナーチャイルド 癒し方

インナーチャイルドを癒す目的

自分に自信がなかったり、他人の評価を気にしてしまったりして、自分がやりたいと思ったことを躊躇してしまい、結局は何もできなくて後悔をしてしまうことはありませんか?

 

自分に自信が無いことや、他人の評価を気にしてしまい自分の行動に制限をかけてしまうのは、インナーチャイルドが傷ついているからかもしれません。幼い頃に受けた傷がトラウマとなり、無意識のうちに制限をかけてしまうような思考に陥っているのです。

 

傷ついたインナーチャイルドを癒す目的は、自分に自信を持ち、他人の評価など気にせずに自分のやりたいことを自由にできるようになることです。インナーチャイルドが傷ついたままだと、怒りや悲しみと言った負の感情が湧いてしまい、生きていること自体を心から楽しめません。

 

インナーチャイルドを癒すことにより、自分の思考や行動は変えることができますし、自分の感情もコントロールできるようになるのです。苦しい、つらいという感情を抱えたまま生きていきたいと思う人はいないのです。

 

誰しもが楽しく自由に生きたいと思っていますが、そういう生き方ができる人はなかなかいません。ですが、少しでもそれに近づくことはできます。インナーチャイルドを癒して自信を取り戻しましょう。

 

インナーチャイルドの癒し方

インナーチャイルドの癒し方は、自分の心の奥底にある潜在意識を自覚することから始まります。インナーチャイルドとは潜在意識のことを指すのですが、その潜在意識は傷ついた幼い頃の記憶で、自分が傷つかないようにと無意識に思考や行動を制御しています。何かをしようと思った時に「どうせ無理だ」と思うのは、幼い頃に何かをして失敗したり叱られたり、嫌な思いをしたということが潜在意識に残っているためなのです。

 

インナーチャイルドに対して、今の大人である自分が「それはこういうことだったんだよ」と理由を説明してあげることでインナーチャイルドは納得をして癒されていきます。現在の自分は、大人であり知識や常識が備わっているのですから、何も知らない無知な幼い自分にきちんと説明すれば納得させることができるのです。過去のトラウマを無理やり乗り越えるということではなく、理由を与えてあげるのです。

 

そのためには、自分のインナーチャイルド(潜在意識)をしっかりと自覚することが必要となってきます。無意識なものなので自覚するには少しコツが必要ですが、リラックスして自分の心と対話することでインナーチャイルドに出会うことができます。インナーチャイルドは探してくれることを心の奥底で待っていますし、会いに行ってあげることでインナーチャイルドは喜んでくれます。

スポンサーリンク