インナーチャイルド 子育て 親子関係

親子関係とインナーチャイルド

自分の親との関係が上手くいっていなかったり、子供と良い関係が築けていなかったりすることはありませんか?

 

「自分は親に幼い頃、酷いことをされた」という気持ちから親を嫌っていたり憎んでいたりして、血の繋がった親子であるにもかかわらず上手く付き合えていないという話はよく聞きます。それは幼い頃に親から厳しく注意されたり、寂しい思いをしたことで、インナーチャイルドが心の傷を負っているために、親子関係が上手くいっていない可能性があります。

 

親子関係・子育てへの影響について

インナーチャイルドを癒すことができれば、親がその時のできる限りの愛情を持って一生懸命育ててくれたことに気付くことができます。インナーチャイルドは子供の頃の自分であり、それを癒そうとしているのは現在の大人の自分ですので、語り掛けることで親のその時の気持ちに気付くことができます。

 

自分が子育てをする立場になったときに、自分が抱えているインナーチャイルドを理解していれば、子供が何を思っているのか、どんなことがつらいのか、どんなときに寂しいのかがわかるようになります。

 

子供の頃には気づかなかった親の思いを、今の自分がインナーチャイルドと向き合うことで気付くことができ、親との関係も良いものに変わりますし、自分の子供との関係も良いものとなり、子供ものびのびと成長することができます。

スポンサーリンク

インナーチャイルドを癒す|親子関係・子育てへの影響関連ページ

恋愛観への影響
インナーチャイルドが傷ついていると、恋愛できない体質や恋愛依存症のケースがあります。それらの克服について掲載。
うつ病の回復
うつ病とインナーチャイルドの癒しについて掲載。インナーチャイルドの癒しはうつ病回復のきっかけになるかについて。