インナーチャイルド 機能不全家庭とは

インナーチャイルドと機能不全家族について

インナーチャイルドが深く傷ついている人には、機能不全家族の中で育った傾向が多くみられます。機能不全家族とは、子育て、団らん、地域とのかかわりなど、一般的な家庭に存在しなくてはいけない事柄が機能していない家庭のことをいいます。

 

家族の考え方が当たり前で、それを疑うこともなく普通になっており、機能不全を起こしていることに気付くことは難しくなります。親が間違った考えを持っていたとしても、子どもはそれに気づくことができません。社会と健全なかかわりをもっていないために、親が無条件に正しいと思い込んでおり、社会のルールを学ぶこともできません。

 

例えば、親の言うことは絶対で、感情を素直に表すことを叱るなど、抑圧されて育ってきた子どもは、親の顔色を窺って生きています。幼い頃から甘えることができないため、本来ならリラックスできる家の中でも常に緊張して暮らしているのです。

 

10代になってくると、他者と関わることで自分の家と他の家とは違うということに気付き始め、そこから葛藤が始まります。親を怨むことはもちろん、親と同じ年代の人達すら恨みの対象となり、中には老人を軽蔑したり虐待したりするケースもあります。

 

そして、機能不全家族で育った人は、自分の同じような家庭を作ってしまう傾向があるようです。そのためにもインナーチャイルドを癒して、自分を自由に、そして周りも幸せにしましょう。

スポンサーリンク

インナーチャイルドと機能不全家族関連ページ

毒親・アダルトチルドレン
毒親によってインナーチャイルドが傷ついてしまうケースをご紹介します。アダルトチルドレン(AC)についても掲載。
いじめ
インナーチャイルドが傷つく原因にいじめが挙げられます。このページではじめとインナーチャイルドについて詳しくお伝えします。